地球人

家にいると、いつもさりげなく寄り添ってくれるやさしいポニちゃん

「ごはんだよー!」の声にもめずらしく部屋から出てこない息子。
先日の障害のある画家の方へインタビューをし、そのことを生徒会のみんなで朝礼で話すらしく、その原稿作りに没頭していたようす。
言葉選びに苦労しながら納得のいく文章ができたらしく、「いいのができた!」と興奮冷めやらぬようすで餃子を頬張る顔が印象的だった日曜の夜。
実はこのインタビューをするにあたり、生徒会での打ち合わせがしっくり来ずもやもやしていた彼。
「障害があるってのはもちろん大変なことだろうけど、人種や文化の違いと同じなんじゃないかな?」とめずらしく熱く語っていた。
当事者ではない立場で簡単にそう言い放つのは、ちょっと危ういような気もしたけれど、その時は敢えて口は挟まず彼の意見を尊重。
先生はこんな息子のみんなとちょっと違う切り口が新鮮で、いい意味で面白がってくれていたとか。
その後無事インタビューを終え、全校生徒に向けての発表向けせっせとみんなで準備を進めていました。
全てが終わってから見せてもらった原稿は、息子のこんな言葉で締められていました。

「このインタビューを通して、私は障害とは人種と同じものだと考えました。肌が黒い人、肌が白い人、日本語しか話せない人、英語しか話せない人。挨拶でハグをする国、挨拶でキスをする国。数えきれないほどたくさんのひとたちが世界にはいます。
(中略)
人の原動力は心です。地球に住むすべての人がお互いの違いを尊重、理解しあい、同じ地球人であると思えれば地球は今よりもっと過ごしやすく公平な場所になると思います。」

その数日後、偶然読んだ車椅子テニスプレーヤーの国枝慎吾さんの引退会見の言葉。

「車いすでテニスをやっていることが偉いわけじゃない。目が悪ければ眼鏡をかける。僕は足が悪いから車いすに乗る。その状態でスポーツをするしかない。スポーツをしたいというのは、みんなも思うこと。結局、そこに特別なことはないとずっと思っていた」

が、息子の想いとシンクロしてハッとさせられた。

そう!!「みんな同じ地球人」
何の説明もいらない平和な言葉。
ドラえもんにもそんな歌があったよね。

ってことで、今週は親バカ承知でこんな話ではじまりました献立日記。
なかなかの褒め下手な親なもんで、忘れぬうちにせめてここにギュッと書いておこうと思った次第です。あしからず。

2023/02/04


常夜鍋、しめ鯖、トマト、白ごはん

お教室初日が無事終了したその足で、近所の中学校のグランドへサッカー部の練習試合へ。
日向ぼっこがてら、ちょっくら冷やかしにのつもりがなかなか終わらず…すっかり日は傾き、体の芯まで冷え冷えに。
ってことで、久々の常夜鍋であったまる土曜の夜。
夕飯後は遅くまで試合のビデオを観ながら晩酌しながらおたのしみの反省会。

2022/02/05

焼き餃子、レタスのサラダ、トマト、キムチ、白ごはん

せっかくの家族揃って何もない日曜日というのに、朝からとにかく虫の居所が悪かった私…こんな日は家にいてもいいことは何もない!ってことで3人で街に出て、お昼食べて、買い物して、お茶して。
帰宅後、暗くなってからランニングに出ると空にはまん丸キレイなお月さま。
私が怒りっぽかった原因はどうやらコレ!
満月の日は決まってそう。私も自然の一部なのだ。

2023/02/06

帆立とじゃが芋のグラタン、ベーコンといんげんのくたくた煮、葉っぱのサラダ、トマト、バゲット

昨夜作る予定だったグラタン。どうしても気分になれなかったので本日登場。
さすがに飲んじゃうよねーなメニューに勝てずワインが進み、いい感じで夜の英会話へ。
これくらいの方が変にあれこれ考えすぎずリラックスできていいのかも!ってことで、非常に楽しくレッスン終了。

2023/02/07

手羽元と白菜と長葱のスープ煮、菜の花と蓮根のたらこ和え、ひじきとセロリのナムル、トマト、白ごはん

久々にゆっくり台所に立って夕飯作り。
ピラティス行って、友人のカフェでお茶して、昼寝もして。いい休日。

2023/02/08

豆乳シチューのっけごはん、ゆで卵、キャロットラペ、菜の花と蓮根のたらこ和え(昨日の)

昨夜の煮込みに野菜と水溶き片栗粉と豆乳をプラスしたやさしい味のシチューをごはんにのっけて。
その隣で、8個分の玉葱スライスを飴色になるまでひたすら炒める水曜日。

2023/02/09

ポキ丼(マグロ、ブリ、アボカド、赤玉葱、ふのり、いりごま、にんにく、醤油、みりん、ごま油、白ごはん)、ひじきとベーコンの炒め物、キャロットラペ、トマト、味噌汁(大根、油揚げ、葱)

明日は雪の予報で出れないだろうから、息子が塾に行ってる間にエイヤとランニングに出たら北風びゅうびゅう寒すぎてびっくり!どおりで他にランナー見かけないわけ。
毎回なんとなく作っては、それなりに美味しいポキ。
きょうは見かけたレシピに忠実に真面目に作ってみたら、さらに美味しゅうございました。

2023/02/10

スンドゥブ風キムチ鍋、トマト、ひじきとセロリのナムル、キャロットラペ、卵かけごはん

予報通り、雪、雪、雪の一日。みるみるうちに辺りは真っ白に。
無事お教室を終えて午後は家でのんびりしていたら、部活が雪で中止の中学生が早めの帰宅。
案の定、友だちたちと激しく雪合戦したり、雪だるま作ったりしながら帰って来たらしい。
そして夫は雪の中、嬉しそうに膝のリハビリに駅前の病院へ出て行った…
こんな時にいちばん出て行ってはならない人がこの行動。ケガが多いのも納得なワケです。

今週もお疲れさまでした。

佐藤の台所

(毎週日曜更新)
家族3人とうさぎ1羽の日々の台所周りのことを。吉祥寺で小さな製菓教室「コワン」をやってます。

HPはこちら

おしらせ

ゴビ砂漠を走るレース「GOBI MARCH」で、隔週水曜担当の若岡くんが優勝しました。世界チャンピオンおめでとう!苦しくも楽しそうな様子がページから見れます。