終わらない熱い夏

ニーハオ、ニホンコンです。

先週の「夏休みの宿題は、手伝っちゃいかん」では、「それはトラウマですね」
と同情してくれたり「うちの娘も同じことしてましたが、巻き込み力といってます」
開き直り型もいたりしました。

反省したはずのわたし、もひとつ手伝ってもらったエピソードが!

中学生の時、苦手な美術の課題

「一枚の板を削ってスプーンを作る」がありました。

当然制作は進まず、提出期限の前日に自宅に持ち帰り、最後の手段、
手先が器用な父に頼んで仕上げてもらいました。(はい、ズル確定)

翌朝、スーパーよく仕上がった素敵なスプーン。さすがお父さん(宿題だよ)。

堂々と提出した私に先生一言。

「家でやった?」と。(はい、一瞬でバレるー)

その期末の通信簿。美術の成績は10段階の5。(5段階の2=悪い)

やっぱり親に手伝ってもらうのはダメだなと再認識。

人は学んでるようで学んでまへん。

さて、秋の気配が

やってきてますが、私の熱い夏はあともう少し続きます。

もはや住んでる?状態の西新宿

ここ数年の中で、一番受験生みたいな日々を送っている現在。
自分でも思いますが、よく勉強しています。というかずっと机に向かってます。

眠くなると15分タイマーをかけて仮眠を取ってまた再開する。
子どもたちも「またやってる」と呆れています。

雪崩が起こり始めている部屋の語学本たちと格闘しながらの日々。

お昼に天丼を待ってるときも勉強してます。

天丼食べるときはさすがにテキスト開きません。

ここ、何年も前に山口フォトから勧められた天丼。

おーい!ごはんの量が尋常じゃないYO!間違いなく午後眠くなるやーつ!

もういろんなテキストやら過去問とか解きまくり、見まくり。

検定試験によくあるのですが、中級から上級への難易度の上り幅が半端ない。
階段上ってたら一気にガクーンと高くなる、そして全く登れない感じ。

それでも日々の勉強は自分のためではなく、誰かがぐーんと伸びるためのものであり、
人を育てるというか、面白いと思ってもらえるかかどうかを、日々ミリ単位で調整して
いるような状況です。

今年は、近年まれにみるチャレンジングな夏。

とりとめもなくてすんまへんが、あともう少し、受験生みたいな熱い夏を過ごします。

9月6日 ニホンコン

ニホンコン

(毎週火曜日更新)
北京と香港に住んでました。今は湘南に住みながら中国語や異文化の先生をしています。ちなみに3人娘のおかあさん。