Let’s アーシング

ニーハオ、ニホンコンです。

すっかり気温も高くなってきたので、積極的に裸足になっております。

そして、大地と繋がっております。これ、なかなかにリフレッシュするし
元気になるのでございます。

「アーシング」我が家や周りの友人界隈ではフツーに交わされる言葉なのですが、
たまに「何ソレ?」と聞かれることがあるので、自分の解釈で紹介。

ビーチじゃなくても、大地とは繋がれます

要は放電。

以上(笑)

以上かーい!って感じなのですが、ソレです。

普段パソコンやらスマホ、WiFiやら電子レンジと、電磁波浴びまくりの
生活。

体の中にたまった電気を裸足で大地を踏みしめることで自分の体の電気を
流そうじゃないか、ということ。

冷蔵庫とか洗濯機にもあるじゃないスか、あの線。「アース」ってやつ。
あれも要は放電するためのもの。ヒトも積極的に放電したいなと。

Earthing=地球の現在進行形

なんかこれを知った時にぶわーっと感動するワケですよ。
地球と一体化することがアーシングかぁ~・・と。
なんか楽しいので、ヒマあらば裸足になっております。

海に散歩にいったら、まずは裸足になって、ビーチを歩きます。

この日は大潮だったので、サクラ貝を探しながら歩く、歩く。

別に歩かなくてもよく、大地に足を付けている、それだけでもう、スッキリ
するし、気持ちいい。

なにより「いま私、地球の一部だもんね!私が地球で地球が私で・・」と
哲学めいたことを感じながら、また歩いては地球の一部になるのです。

ゴミ拾いもできるので一石二鳥。

海ではゴミを拾います。毎夏、家族で「海で遊ばせてもらってる」のはもちろん、
まあ、マイクロプラスチックをはじめとするゴミの、多いこと多いこと。
逆にこれ、無視して帰れん!

海散歩してるワンちゃんは日々アーシングしてるのかー・・となんか感動。

アーシングは、ただ、体内の電気を放電するだけではなく、地球からの
エネルギーをも吸収できるので、プラスマイナス=「ゼロ」ではなく、
プラスマイナス=「プラス」だと信じております。

体の不調は細胞の「酸化」

ちゃんと調べてないけど、たぶんそうだと思う。

電池とかも酸化すると「サビる」でしょ。

人間も放っておくと「サビる」と思う。体内からサビる。

だから「抗酸化ホニャララ」とかいう健康食品が出るんだと思う。

頑張ってサビないようにお高めの健康食品を取り入れるのもアリだけど、
アーシングもいい。何よりタダだし(笑)。

4月の海はまだちょいと冷たいです

中国語の「酸」

すぐに中国語と結びつけてしまうのだけど、中国語で肩こりとか筋肉痛とかの
ことを「酸(スヮン)」と言います。

やれ肩が「酸」だの、腰が「酸」だの足が「酸」だのと言うのですが、
たぶん、「だるい」とか「凝った」とか、日本語でいう「足が棒になる」
みたいな感覚なんだと解釈しています。

この言葉を知った時も「そうかー、体内で『酸』化現象が起こっていると
そこの筋肉に不快な感覚が起こる、というものなのか!」と、感動した
ものでした。

アーシング日和につき

風の音を聴いて、地面に、海水に足を付けて、放電して、大地のエネルギー
を吸収するとします。

これから私の大好きな初夏~夏がやってきます。まず靴履かないだろうし、
アスファルトよりビーチか土の上に居ようと思ってます。

あとはよく笑って、よく食べて、くよくよせず、怒らず、ああ今日も
いい一日だったなと思ってよく眠る、そんな毎日でありたいと思います。

宮沢賢治の雨ニモマケズみたいになりましたが、ソウイウモノニ、ワタシハナリタイ。

4月20日 ニホンコン

ニホンコン

(毎週火曜日更新)
北京と香港に住んでました。今は湘南に住みながら中国語や異文化の先生をしています。ちなみに3人娘のおかあさん。