母と台湾にいってきます

母と2人旅。7月の中旬から3日間、台湾に行ってきます。

「結局このタイミングになっちゃったよねー」と笑ったけれど、行くことが
決定しただけで、サイコーに嬉しい。

長年の約束

1号が生まれた時、32歳だった私は、当時60代だった母といつかアジア旅に
行こうなんて約束していた。

が、それがいかに難しいか。ほぼワンオペ育児で子育てしながら、家を構えたり
キャリアを変えたり、3人目が出来たりなど、人生ゲームのすごろくをそのまんま
なぞるような生活。

が、気づいたら私は50手前、母は80歳になろうとしている。いやいや光陰矢の如しって、
矢すぎでしょ。

一瞬、っつーか瞬きレベル。

もうすぐ80になろうとする母、最近足が痛いと言い始め、いつまでも海外旅行に
行けるとは限らない。

という訳で、母娘2人旅をこの際決行してしまおうではないか!と。

決めたはいいが、「じゃあどこ行く?」

もう、どこでもいいのだ。空港に行って飛行機に乗ってイミグレをくぐって
ホテルにチェックインし、街を歩ければ幸せだ。

「どれにしようかな」くらいの気軽さで、香港台湾韓国あたりが挙がった。
韓国も一瞬ぐらっと来たけれど、何かあった時に言葉が通じるほうが楽なので
あっさり台湾に決定。

せっかち星人の旅はもう始まっている

そこからがすごいのだ

決めたのが5月。そこから日々母からのLINEが来る。

「品川での乗り換え、〇時〇分に新幹線で着くので京急の待ち合わせ場所は・・」
→まだ2カ月前なんですけど!

「スーツケースを送ろうと思ってクロネコヤマトに用紙を貰いに行ってくる」
→まだ2カ月前!

「台湾観光局のキャンペーンがあるから応募しよう!QRコードはプリントアウトして
持っていくのかしら?」→応募開始は出発7日前からだよ!

もう、明日出発くらいの勢いで確認メールが入って来るのと同時に、
「今日の足の痛みは大丈夫」の健康報告が交互に、矢継ぎ早に入ってくる。いやこれ
矢すぎでしょ!

ああ、そうだ。旅ってのは現地に行った数日間だけが旅ではなくて、それまでの
準備期間をも旅の中という認識だったら、こんなにも長いこと楽しめるんだ、と
母の旅のスタイルをなんとなく理解できた気がする。

だから私も、「マイバック持っていってね、台湾ビニール袋ないよ」とか、
「1日目は夜市に行って2日目は十分で灯籠上げやります、3日目は・・」
と、せっかちのラリーを繰り広げている現在。

また、せっかち星人のパッキングも、早い。

撮り忘れたけど洗濯ばさみに挟まれた秘伝の持ち物メモがあって、何十年もそのメモでパッキングしてたんだとか

先日帰省したら、和室一室が準備物の山だった(笑)。

母は昔から海外旅行となると、1カ月前からスーツケースを空けておいていて、
思いついた順にポンポンとものを入れていくのをよく見ていた。

それを受け継いだか、私も準備は同じスタイルでやっている。が、早い、早すぎるYO!

さあ、どんな旅になることやら

e-SIMの説明を食い入るように見る母、私も知らなかったよ!

分からないことはテレビのリモコンに向かって「台湾 e-SIM 契約」などとキーワードを並べて検索し、テレビをアレクサ代わりに使いこなし、都度Youtubeで調べものをしている。

ある意味私よりも進んでいる。好奇心の塊みたいな母。

そんな母との2人旅。うがった見方をしたら「飛行機に乗って海外の空気を吸う」という
贅沢なたっかい深呼吸代なのかもしれない。けれど、これがいい旅になりますようにと願うばかり。

7月2日 ニホンコン

追記:とはいえ私も1回行ったきりで、あまり情報がありません。迪化街、寧夏夜市附近の
ホテルに泊まりますゆえ、近場で何か美味しいところ、面白いところご存じの方が
いらっしゃったら教えてください。

ニホンコン

(毎週火曜日更新)
北京と香港に住んでました。今は湘南に住みながら中国語や異文化の先生をしています。ちなみに3人娘のおかあさん。

HPはこちら

おしらせ

ゴビ砂漠を走るレース「GOBI MARCH」で、隔週水曜担当の若岡くんが優勝しました。世界チャンピオンおめでとう!苦しくも楽しそうな様子がページから見れます。