海ちか暮らしで困ること

ニーハオ、ニホンコンです。

海の近くで暮らしていますが、今めちゃんこ移住ブーム(らしい)。

普段出回るであろう物件の数も、賃貸分譲問わず即入居者が決まる
ので、全然紹介物件がナイ、と不動産屋さんが嘆いているそうな。

確かに、週末の車の渋滞も年々すごいことになってる気がします。

我が家も9年?前に都内から移住した組なので、今日はよく聞く
困ることと実際に住んでみて思ったことをお話します。

あくまで「我が家」の話なので、ぜんぶのお宅ではありません。あしからず。

中学校の横にある橋。今年はここから体育祭を眺めてました。

①潮風

潮風はすごい。

1.洗濯物ベタベタ

2.皮製品カビカビ

3.自転車サビサビ

の3拍子がキレイに整います。

1の洗濯物は、引っ越し当初、夕方までしっかり干してたらベタベタになりました。
でも最近は「今日は嫌な予感」がしたら、ベタベタになる前にさっと取り込めてる
よーな気がする。

もしくは、たぶん「慣れた」のかも。

2の「皮製品カビカビ問題」我が家が2年目には解消。

なぜって、「1年目の夏で皮製品がほぼカビで全滅。もうカビるものがない」。

それにしても、1年目の夏の皮ベルトは、別モノかと思うくらい見事なミドリだった。

3の自転車、これだけは現在進行中。

何年乗ってんだ?なビーチクルーザーも、よーくみると・・

近寄ってみましょう

錆びすぎてハンドル動かす度にギイギイきしむ音がする。いつかスコーンとすっぽ抜ける気がしてならん。

これもう、おだぶつの域じゃないかしら。

でも、海に行くともっとサビサビなチャリがあります。「自転車サビサビ選手権」ならば、
我が家のチャリは、予選リーグは通過するものの、決勝トーナメントは厳しい戦いになりそう。

まあ、今や「これも勲章、サビサビ上等!」くらいに思えてくる。
ある日突然真っ二つに割れる日がくるその日まで、ギイギイと乗り続けます。

②海グッズ増えまくり

最初は浮き輪~とか水着~から始まるのですが、増え続けるばかりで減る兆しゼロの海グッズ。

家族全員分のウェットスーツ、子ども用のライフジャケット、サーフボード、スポンジボード、
ボディーボード、などなど増えていき。今年はSUPもお仲間に加わりました。

収納は、部屋なんだか倉庫だか一時置き部屋なんだか分からない謎ルームに。

当初予定していた部屋割りが、この荷物たちのおかげで、さあどうするべ、と
創意工夫を余儀なくされています。

③ビーサン=靴だと思いすぎ

2号よ、もう10月も末だぜよ

もう10月だってのに、我が家の玄関、ビーサンがまだ主役を張ってます。

たぶん、靴だと思ってる。間違いない。

オナゴ同士で「どこどこのビーサン買った」話をするのですが、冷静に考えると、
いい年してペタペタのゴムゾウリの話してる自分がいる。

同年代くらいであろう、SEX AND THE CITYの主人公たちは
「ジミー・チュウの靴が」って話してたぞ、おかしいなあ、こちら今だ
1000円のゴムゾウリでキャアキャアいってるぞ。

ちなみに、手持ちの一張羅の高いビーサンを「これはミュール」と思い込んでいる。

やっぱ靴だ。

④雨の日やることなさすぎ

雨になると波が上がったりするので、サーフィンが上手な人にはよいのかもしれません。
冬になると、人が少なくなるので、サーフィンが上手な人にはよいかもしれません。

寒がりで下手くそな私は家におります。

そうすると、ほんとやることがなくなる。週末に雨なんて、思考停止レベル。

寒い冬の雨なんて余計。
あったかいものを食べることが唯一の楽しみとなる。

近年思うのは、「よく晴れた、一定以上の気温のある」5月~10月くらいまでに、
一年分遊んで、遊び貯めして、あとは冬眠すればいいやと。

最後に

誰しも、自分の住んでいる町が、一番大切で大好きな場所なのではないかと。

そして、ハタから感じるデメリットや苦労は、確かに存在するものの、
そこは生活の知恵や時間の経過と共に、デメリットとも思わず、むしろ
「味」くらいに思えているのかと。

んで、日々の暮らしの中で起こるそれをも上回るすてきなことが、
その味を帳消しどころかプラマイ「プラ」にして笑い飛ばしている
気がします。

皆さんのエリアの困ったこと、またそれをどう笑い飛ばしているのか。

こんど教えてください。

10月19日 ニホンコン


ニホンコン

(毎週火曜日更新)
北京と香港に住んでました。今は湘南に住みながら中国語や異文化の先生をしています。ちなみに3人娘のおかあさん。