打席に立て。

こんにちは。山口フォトです。
前回は、撮影の時期がやってきたというお話しでした。

行ってきましたよ。久々の出張!
バタバタだったけど、楽しかったなぁ。
ご飯、コンビニのご飯しか食べてないんだが、なんでだろう。。悲。
来月にまたがって日本のいろんな場所に行く撮影の予定です。

とあるところ

昨年も同じ撮影をさせてもらったんですが、今年の打ち合わせで言われたこと。。
「今年は、写真じゃなくてほぼ映像なんですよ。」と。

おい〜〜!おい〜〜〜!(こだまする魂)

昨年、映像も撮ったけど、あくまで、あれは写真の補助的なものだったじゃないですか。
それが今年は映像がメインですと。しかも本数も増えてると。
それを2週間前に知って恐ろしさを覚えておりました。(今も)

シェフも、イタリアンとか和食とかで違うじゃないですか。
カメラだって、いろんな業種の方がいるんですよ。
そんな簡単にさあ。。。

いやぁ、不安。
(山口)ほんとに大丈夫と思ってます?
(先方)「大丈夫ですって」
と言われる私。ほんまかいな。

でも、、「面白そう。」の方が優ってしまうものです。

前から興味のあった、「ジンバル」ってやつを買ってみて、使うチャンスだなと。
それがそのままお仕事になっちゃうという特典付き。
(ここの考え方が逆と言われることもあります)

メカメカしいジンバル。立てておくときは、足がパカっと開いて三脚になる。便利。

打席にたて。といってたのは前の会社のボス。
打席に立てるのに、見送るな。といったのもボス。
その結果、一度やると(打席に立つと)スキルになるんだな。と気づいた自分。

スック。はい、立ちましょう。

というわけで、ジンバル導入。
ジンバルってのは、カメラを取り付ける器具なのですが、
つけると、手振れが大幅に抑えられるという代物です。
綺麗なスムーズな動画が撮れます。というやつです。
ユーチューバーの人が、使ってたりしますね。

でかい!このまま、三脚をまっすぐにして、両手で振り回します。

上の写真のは最小構成、動き回りやすいようになるべく小さくしてますが、
本気の人達は本気の分、装備がでかい。

使ってみましたら、操作がむずい。思ったように動かせない。
ただでさえ重いカメラがさらに重くなる。
練習が必要なのです。

機械やソフトをを浅く使いこして、その浅い使いこなしの連携で形にするというのが得意なんだな。
ということは自分で自覚してます。
今回もそんな感じ、つまり、出たとこ勝負。で行こうと思っております。

造形美

まだ使いこなせてないジンバル。
でも、年明けくらいには仲良くなってるはず。
映像の編集もがんばらないといけないんだけど、
それこそ、喫茶竹林の千田君なんて、プロ中のプロ。

思えばSAKRA.JPってみんな何かしらプロ化してる人たちなんですよね。
気軽に相談できるって、頼もしすぎる。

というわけで、山口は今日もカメラをぶん回します。

次回は、秋の新製品ラッシュで欲しいものがありすぎて、
何を買ったらいいのかわからないことでも書こうかな。

では〜!

山口フォト

(隔週水曜日更新)
全くデザイナーぽくないフリーランスのデザイナー。九州と東京を行き来してますが、住んでるのは東京です。

HPはこちら