#34 ムトーの図書館(8冊目)

こんにちわー。ムトーです。

暑いですね。夏至が通り過ぎてしまった。

ということは、もうこれから毎日だんだん昼が短くなっていくんです。もう冬だな。

いつも自分の中でくだらないんだけど、解決できない問題があって、しばしば直面するのが「コーヒーゼリーを食べる時の飲み物問題」です。

コーヒー味のゼリーだからコーヒー飲むのはちょっとどっちにも失礼な感じがして違うでしょ。紅茶もね、コーヒー味と紅茶を一緒にってなんかちょっとね。オレンジジュースとか甘いものはまたコーヒーゼリーの味を邪魔しますよね、きっと。

ショートケーキやチョコレートのお菓子なんてコーヒーが信じられないくらい合うでしょ。シュガードーナツもそう。コーヒーもシュガードーナツも両方喜ぶ感じ。

でもなあ、コーヒーゼリーはもう、何かわかんない。上にソフトクリームが載ってるやつが好きだから牛乳も違うし。

ね。もう水しかない。あ、水でいいのか。(解決)

『マリアビートル』伊坂幸太郎 著

最近、36年前の映画『トップガン』の続編が話題になってますよね。

なぜかトップガンを観たことなくて。でも、とても続編が面白いという噂を聞いて観たくなって、まずは「昔のトップガンを観とかにゃ」と観たんですけど、ちょっと僕には合わなくて。なんとなく最後まで観た、という感じでした。

「いきなり続編でも面白い」という巷の噂を信じて、近くの映画館のレイトショーで観てきました、『トップガン マーヴェリック』。

あー、すごい面白かった。上映が終わるのは夜中だったけれど、1秒も飽きることなく、前のめりになって最後まで楽しめた。

ざっくり前作を予習しただけだったけど、ちょっとでも前の作品を知っているとさらに楽しめる作品。

ちょっと、思ったんですけど、トム・クルーズって36年前のトップガンで大ブレークして以来、沢山の映画に主演してほとんどが大ヒットしてて、今もまだ主役で出た作品大ヒットさせてる、ってすごくないですか(みんな知ってるか)。

あ、でね、いいたいのはそれじゃなくて。

そのレイトショーの予告で流れたトレーラーのひとつにブラッド・ピッドの作品があって。

日本の列車が舞台。

『ブレット・トレイン』

今年の8月5日に公開になるそう。

映画『ブレッド・トレイン』予告動画

これ、原作が日本の小説家 伊坂幸太郎さん。

原作小説のタイトルは『マリアビートル』。

僕、伊坂さんの作品が好きで、、って書こうと思ったけど、以前ここで書いてました。

そう。好きなんです。

あくまで僕個人の印象ですけど、村上春樹さんの小説をさらに軽快にして、サスペンスとかミステリーにグッと寄せた作品を作るのが伊坂幸太郎さん。村上春樹さんの洒脱な節回しが好きな人はきっと好きだろうな、と。

伊坂さんの作品はクライマックスのクライマックス感(何言ってんの)というか、スピード感が凄い。文章であのスピード感ってなんなの?って不思議に思うくらい、「怒涛」の展開を文章で感じる。

このマリアビートルは東北新幹線の車内が舞台。

幼い息子を襲われた元殺し屋の男が、犯人の「王子」と呼ばれる男に復讐を企て東北新幹線に乗る。

他にも2組の殺し屋が同じ新幹線に乗り合わせている。

新幹線の車内という限られた世界で追ったり追われたり。

伊坂さんの作品の特徴である「群像劇」が、この作品では新幹線の車内で繰り広げられます。

あー、面白い。

映画も面白そう。

妄想旅行社ムトーツアーズ 代表 無トー

ムトーツアーズ

(隔週月曜日更新)
大分県に住んでいます。大分に遊びや仕事に来た人を案内することにヨロコビを覚える男です。

おしらせ

ゴビ砂漠を走るレース「GOBI MARCH」で、隔週水曜担当の若岡くんが優勝しました。世界チャンピオンおめでとう!苦しくも楽しそうな様子がページから見れます。