走春到来

もうすっかり春です。3月ですもの、春に決まっています。

早春は走春でもあります。
ようやく山に入りやすい季節になってきました。久しぶりの山はやっぱりいいものです。年末からほとんど登ってなかったこともあり、気持ちよく走れました。

ルートから外れて藪に入ってみたり、力の限りのスピードで走ってみたり。その時は張り切りすぎて吐きそうになりました。

九州への移動途中に立ち寄った大阪。寒くても、走りやすいからテンション高めです。

30kmほどで切り上げたのですが、久しぶりの割に体がよく動いてくれました。
例年は天気が悪いこと、大会が少ないのをいいことに、この時期はダラダラ過ごします。体を休めるのも大事ということにして、自分を甘やかすわけです。

とはいえ、毎年同じことをしていても面白くないので、体づくりに励んでみました。平地を走っていた効果が出たのかなと、淡い手応えを感じた次第です。

競技場も雪で真っ白に。。。

山といえば、大寒波の折に取材した「芸能人最強ランナーは誰だ!?淡路島縦断!24時間ウルトラ山岳マラソン」が放送されました。Tverから視聴できます。ひたむきに頑張る姿を見て、芸能人ってスゴいなあと思わされました。走りつつ、テレビ出演で仕事もしつつ、スタッフにも気遣い。徳の高い人ばかりです。取材記事は「RUN+TRAIL」の誌面でどうぞ!

番組を支えたトレイルランナーの打ち上げ。僕の隣は谷川真理さん。

今月は160kmのレース「球磨川リバイバルトレイル」を控えています。冬場のトレーニングで、どれだけ走れるのか、今年を占う試金石になります。

九州でも屈指の山深いエリア・脊梁山系をスタートして八代の海にまで至る大会です。脊梁の手付かずの森。ふかふかの路面。あぁ、楽しみ。

昨年の球磨川リバイバルトレイル。

順位やタイムに関しては、大きなトラブルがなければ、それなりの結果に収まりそう。レースまで2週間を切っていて、ここから大きな上積みは望めません。日々の積み重ねがそのまま反映されます。慌てても仕方ないし、変に張り切って土壇場で調子を崩すのもよくないです。できることをできる範囲でやるだけです。

Tシャツでも寒くないってええわあ。

悟ったようなことを言いつつ、沖縄でぬくぬく。仕事に追われつつ、走ってきました。

ガジュマルでかまる。
顔ハメパネルがなかったので、植物から顔出し。

駆け抜ける春。毎日を無駄にせずに懸命に生きたいものです。

わかおかの山日記

(隔週水曜日更新)
山を走ったり、歩いたりするのが好きです。よく忘れ物をします。そんな日々を記すライターでランナーです。

HPはこちら

おしらせ

ゴビ砂漠を走るレース「GOBI MARCH」で、隔週水曜担当の若岡くんが優勝しました。世界チャンピオンおめでとう!苦しくも楽しそうな様子がページから見れます。