がんばっても、がんばらなくてもいい

ゆるいタイトルからの入りとは裏腹に、なかなかタフな12月を送ってました。
残高16万円になってから、仕事がポコポコ舞い込みまして、忙しくしているのです。ありがたや、ありがたや。

そこに、もともと予定に入れていたタイ旅行と急な取材をねじこみ、なかなかの移動距離になりました。
まずは金沢から車で福岡の自宅へ。800kmの道のりは堪えます。休憩がてら山を走りました。

山口のなんとか山。防府の近くです。

帰ってくる頃には腰がバキバキ。考えてみれば2か月ぶりの自宅です。前回、帰宅した際に発見した、室内に勝手に生えていた野草が枯れていました。茂らせたかったですが、難しい。。。
ここで海外に行く荷造りを済ませ、愛犬を大家さんちに預けて、いざ出発です。

お次は電車に揺られること1時間半で博多を目指し、空き時間にはジョギング。博多港からフェリーで仮眠を取りつつ、長崎の小値賀島に向かいます。ぐー。島の様子はこちらにも
到着したら島内をぐるっと回り、そのまま半日で福岡にUターンでした。

そして福岡空港から、ひとっ飛びして着いた先はタイの首都バンコクです。空港で甘辛い肉を食べて、再び空路。ようやく目的地である北部の街チェンマイに到着できました。

翌日は受付を済ませて、アレコレしたら、もうレース。ここまでで、すでにお腹いっぱいでした。山を登るたびに不整脈が出てしまいます。心身に負荷がかかると出てしまうやつです。

厄介なのは楽しんでいることでも、負荷=ストレス認定されてしまうところ。いろいろ詰め込みすぎたのかも。。。何年も前から時々症状が出るので、この日も最初は気にしていませんでした。ところが、あまりにも頻発してくるとドキドキしてきます。
場所が心臓なだけに、無理をするのは考えもの。がんばるのはいつでもできます。この時点で、スタートから17時間、100kmほど。これくらいなら、翌日にはダメージを残すことなく、観光まで楽しめるはず。ということで、大事をとってスパっとリタイアでした。

あとで後ろ髪を引かれるのが嫌だから、続けるのは簡単です。あの時、こうしておけばよかった、などと思いがち。
まあ、それは途中でやめるのも同じですが。どっちを選ぶにしても、楽しいからええねん。と思えるくらいにアレコレ考えてから選択します。

今回は早めのリタイアのおかげで、サソリを食べてみたり、イルミネーションにはしゃいだり、さらにはクロスフィットに挑戦したり。楽しければよいのです。

とはいうものの、移動ってけっこう疲れるのだなあと再確認しつつ、反省。ゆとりある日程で走りたいものです。

わかおかの山日記

(隔週水曜日更新)
山を走ったり、歩いたりするのが好きです。よく忘れ物をします。そんな日々を記すライターでランナーです。

HPはこちら

おしらせ

ゴビ砂漠を走るレース「GOBI MARCH」で、隔週水曜担当の若岡くんが優勝しました。世界チャンピオンおめでとう!苦しくも楽しそうな様子がページから見れます。