お菓子づくりと登山道

春の陽気に誘われるせいか、この時期になると、なぜか毎年お菓子づくりをします。うまくいくこともあれば、失敗することもありますが、どちらにしても面白いです。

こんなに手間がかかるんだ。材料費が意外と高い!簡単そうに見えて難しい。あるいは、難しそうなのに簡単。毎回そんな発見があるからです。

おからパンケーキは失敗でした。

自分で試してみないとわからなかったことが勉強になり、面白いのです。その結果、なんでこんなに高いんだろうと思っていたお菓子が、あぁ、材料費が高いんだ。作業工程が多くて大変なんだ。と納得できるようになり、次から財布のひもが緩くなります。

お菓子に限らず、身近にあっても知らないことは意外とあるものです。

登山道もその一つ。山頂へと続く道は、山が昔からずっと存在しているのと同じように、変わらずにあるように錯覚してしまいます。

実際は、崩落したり、倒木や土砂で塞がれたり、人が来なくて自然に還りかけたりと、簡単になくなりかけます。そのたびに、人の手で復旧します。キラキラした木漏れ日を浴びながら、たどる登山道の途中で「自然っていいな」と思わずつぶやいてみたり。でも、歩いてきた登山道は、かなり人の手がはいっているなんてことも。

使われなくなった林道が荒れていくとこんな感じに。

すべての道はローマに通ずるのかは定かではありませんが、誰かの営為によって整備され、成り立っています。頭では分かっていても、実感を伴って理解するのは難しいもの。お菓子づくり同様、経験してみるのが一番です。

そんなわけでタイミングがあう時は、登山道の整備をお手伝い。先日は九州脊梁山地へ。崩れやすく細くなった区間を整えたり、目印となるテープの付け替えたり。登れば1時間ほどの距離なのに、6人で作業しても半日がかりでした。終わる頃には、すっかり整った登山道に。

崩れていた区間の足場をつくり、ロープを張ります。(撮影:Yoko Ishiiさん)

道がきれいになると嬉しいものです。そして、どれだけ大変かということを体感しておくことで、いく先々で「こんなに整備されてるなんてありがたや」と感謝できるようになり、遊べることのありがたみが増します。同じ山遊びでも、深く楽しめるわけです。

ボランティア的な活動のように見えますが、実は私欲まみれ。僕自身としては誰かのためにという思いは薄く、勉強というか、自分のためになっています。整備してくれる人が増えると、きれいな道を歩けるようになるなあと思い、つらつらと書いてみました。すべての道の整備は、私欲に通じているのです。

付け替えたロープや目印のテープ、ゴミをまとめたところに、愛犬もごろん。

きょうもお疲れ山でした!

わかおかの山日記

(隔週水曜日更新)
山を走ったり、歩いたりするのが好きです。よく忘れ物をします。そんな日々を記すライターでランナーです。

HPはこちら

おしらせ

ゴビ砂漠を走るレース「GOBI MARCH」で、隔週水曜担当の若岡くんが優勝しました。世界チャンピオンおめでとう!苦しくも楽しそうな様子がページから見れます。