びっくりする。tamakotronicaWeeklyReport

こんにちは。TamakotronicaWeeklyReportです。

今週はテキストです。
といいますのも、なんだか忙しかったんでしょうね。あまり映像を撮っていなかったようです。
いろんなことが、あったのにね。
いや、いろいろありすぎたんだと思います。

今週はMOTHERのおんがくのお話。

MOTHERという、超名作ゲームがあります。
僕が10代の時に発売されたゲームで、ほかのゲームとは何か違うぞ、と思わせるゲーム。
ゲームのパッケージも、広告も、ゲームのビジュアルも、音楽も、ゲーム内容も何かが違う。
幼い僕にもわかる、なんだろなぁ、、、それまでのゲームとは、根本の考え方が違うゲームがありました。端的に言うと80年台の文化的思考の空気があるというか。

すてきだなぁと思いつつも、どうしてもRPGがプレイできない人間なので、ほんの少しづつしか体験していなかったのですが、、、ずーっと憧れがあるゲームです。
その後UNDERTALEなどのゲームやフォロワーを産んでいる、
いまでも世界中に多くのファンがいる作品。

そのMOTHERシリーズは3作出ているのですが、その第2作から今年で30年なんだそうです。
30年を記念して、MOTHERの音楽をライブでやろう!という企画が立ち上がり、
そういえば千田さん映像作れるよねと、山口さんからお話をいただく。びっくりする。

そんなことある?すげーな。だってさMOTHERだよ!と心の中で盛り上がりながら、
平静を装いつつ仕事をしていました。

そんなある日。

息子が仕事部屋に入ってきて、作業画面を見るなり
「あんたすげーな。MOTHERの仕事してるじゃん!すげーよほんと」
と。初めてリスペクトされた気がする。

いろんなことあるなぁ。いろいろアクションすると、いろんなこと起こるなぁ。
と、改めて思いました。

ライブの現場でもVJをしてきましたが、もうね、バンドがね、夢のよう。
ムーンライダース 鈴木さん、スカート澤部さん、権藤さん、坂本美雨さん
あぁ、、幸せでした。最高でした。

MOTHERの音楽は鈴木さんと、NINTENDOの田中さんの共同作業だったそうで、
僕のVJ担当は、その田中さんのMOTHERの音楽REMIX
音楽とてもよかったので、VJプレイも頑張りました!。

と、、、思いを書き出すとものすっごく長くなりそうなので、この辺で。

来週は、、、、怒涛だよ。。。。。。

Tamakotronica weekly report

(毎週金曜日更新)
音楽系の映像をつくっています。多摩湖の湖畔よりナイスな音楽をお届け。

HPはこちら

おしらせ

ゴビ砂漠を走るレース「GOBI MARCH」で、隔週水曜担当の若岡くんが優勝しました。世界チャンピオンおめでとう!苦しくも楽しそうな様子がページから見れます。